韓国生活9ヶ月目にしてあった環境変化

f:id:korea_ib2018:20180725174832j:image

こんにちは。さやかです。

 

2017年11月にやってきたので、早くも9ヶ月が過ぎました。

ホントに時間が経つのはあっという間です!

 

大変だと思うこともありますが、日本にいた時より外に出てアクティブに活動したり、それなりに充実した日々を過ごせています!

 

平日の生活はわりと質素ですが、週末にはプチ旅行へ行ったり、美味しいものを食べたり。

 

正直、日本にいた時より給料も少ないし、貯金も全然ないですが、なぜか今の方が生活充実している気がします。笑

 

さて、今回のタイトルについてですが、最近ちょっと面白いことがありました。

 

 

毎朝出勤するとき、必ずすれ違う人がいます。

 

わたしは人見知りなので自分から声をかけることもないし、挨拶したりもなかなかできません。

 

向こうも「こいつ毎日いるな」と思っているようで、すれ違うときにじっと見られ、視線を感じていましたが気づかぬフリ...

韓国の人って皆さん結構じっと見るんですよね。不快w

 

そしてある日、ついにその相手の方から「アニョハセヨ」と声をかけられました。

 

ちょっとびっくりしましたが、「ア、アニョハセヨ」と挨拶を交わし、その日から挨拶をするようになりました。

 

毎日会うなら挨拶くらい当たり前かもしれませんが、異国の地でこのような経験に戸惑いつつも、なんだか心が暖かくなった瞬間でした。

 

そして、気になるのはそのお相手の方ですよね!

 

 

もしかして、ドラマみたいな恋が始まっちゃうの!?

 

 

 

 

 

 

 

 

と、期待させた方すいません。

誰も期待してないって!

 

 

 

普通のおじさんです(*゚∀゚*)

なんならおじいちゃん(*゚∀゚*)

 

 

今日また会って挨拶をしたら、挨拶だけで終わらず、簡単な世間話まで!!

 

 

出勤ですか〜?

この近くに住んでいるんですか〜?

何日か会わないから心配しましたよ!

 

 

ってこれ、おじさんじゃなくてイケメンに言われたかったー!!

 

拙い韓国語で少しだけお話しして、その日も気分よく出勤できました!

 

韓国人の温かみを知り、久しぶりにいい国だなぁと実感することができました。笑

 

 

また、いつも行くカフェでも店員さんがラテですか?と先に聞いてくれたり、覚えてもらえてちょっぴり嬉しくなっちゃいました!

 

 

と、日常の些細な出来事ばかりですが、こんな日々が本当に幸せでありがたいと思います。

 

自分ができる精一杯の生き方で、これからも私らしく韓国で生きていこうと思ったのでした。